骨格が良いからかわいい?石田ゆり子の美肌の秘訣は?

女優の石田ゆり子さん、

年齢を全く感じさせない美しさとかわいらしさで人気です。

1969年10月3日の生まれですから、

今年(2019年)のお誕生日には50歳になるんですね。

2016年のTBS系の連続ドラマ

「逃げるは恥だが役に立つ」での人気などもあり、

石田ゆり子「バブル」なんていう言葉も生まれたほどです。

自身のインスタグラムは

フォロワー170万人という人気です。

また、ペット好きとしても知られている

石田ゆり子さんは、昨年(2018年)に

自分が飼う猫と犬のために

専用のインスタアカウントを作ったことでも知られています。

さてそんな石田ゆり子さんですが、

アラフィフという年齢であるにも関わらず、

美しいだけではなく

かわいいと形容されることがあります。

そんなアラフィフはなかなかいませんよね。

それにお肌も大変きれいで

年齢を感じさせない美肌の持ち主としても知られています。

いったいなぜ石田ゆり子さんはかわいいと言われ

50歳手前にしてあのようにプルプルとした美肌を保っていられるのでしょうか?

また石田ゆり子さんがかわいいのは骨格によるのでは?

なんていう噂もありますが、

これは一体どういうことなのでしょうか。

そこで今回は、

石田ゆり子さんのかわいさと美肌の秘訣に迫ってゆきます。

スポンサーリンク

骨格が良いから石田ゆり子はかわいい?

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

石田ゆり子さん(@yuriyuri1003)がシェアした投稿

さて石田ゆり子さんがかわいいのは

骨格が良いからだという噂があります。

これは一体どういうことでしょうか?

キツネ顔とタヌキ顔という分類がありますが、

石田ゆり子さんはもちろんタヌキ顔になりますよね

ではそんなタヌキ顔の特徴とは何でしょうか?

タヌキ顔の特徴は、

全体的に丸みを帯びていて肉感のある印象です。

輪郭は丸く顎は尖っていません。

頬に膨らみがあり、下膨れの場合もあります。

顔のバランスは子供タイプで、

童顔な雰囲気の人はタヌキ顔で、

可愛らしいイメージになります。

全体的にパーツが下方に下がっています。

目は丸く、黒目が目立っているのも特徴です。

(出典:『share style』

なるほど確かに輪郭は丸くてナチュラルな雰囲気が

石田ゆり子さんにはありますよね。

つまりタヌキ顔というのは

丸く穏やかで曲線的な骨格により

作られているということですね。

その骨格が丸みを帯びているということにより、

かわいらしい印象や童顔が生み出されているわけですね。

ですからタヌキ顔の童顔タイプの人は、

若く、そしてかわいらしく見られやすいことになります。

石田ゆり子さんもその典型といえ、

年齢を感じさせないで

美しさというよりもかわいらしさを感じさせるのは

骨格による影響が大きいといえますね。

同年代の芸能人の方でも、

現在(2019年1月)48歳の永作博美さん、

46歳のジュディマリのyukiさんなども

童顔でタヌキ顔ですが、

やはり若く見えますよね。

対するキツネ顔の女優さんといえば

北川景子さんが代表でしょうか。

北川さんはクールでシャープな印象が強く、

かわいい!と思う人は少なくて

多くの人が美しい!と思うのではないでしょうか。

つまり、

骨格というものが顔の作りに与える影響は大きくて、

石田ゆり子さんのようにタヌキ顔で童顔の人は、

若く見られやすいということですね。

なぜ石田ゆり子はアラフィフであるにも関わらず

かわいいと思う人が多いのか?

という疑問の答えは、

生まれ持った骨格によるところが大きいということになります。

石田ゆり子の美肌の秘訣は?

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

石田ゆり子さん(@yuriyuri1003)がシェアした投稿

では続いて、

石田ゆり子さんの美肌の秘訣について

見てゆきましょう。

その美肌もまたかわいいと

思わせる為には重要なんでしょうね。

ぬるま湯だけで洗顔

石田ゆり子さんは洗顔料を使わずに

ぬるま湯だけで洗顔されているようです。

同じ事をしている女優さんとしては

黒木瞳さん、梨花さん、綾瀬はるかさんが知られています。

石田ゆり子さんは自らのことを乾燥肌と言っているんですよ。

この乾燥肌の人は特に

洗顔料でゴシゴシ洗いすぎてしまうと

お肌を健康に保つために

必要な油分まで取ってしまい、

様々な肌トラブルにつながることが知られています。

「綾瀬はるかの肌になりたい!」という女性が多くいるほどの美肌の持ち主である綾瀬さん。そんな綾瀬はるかさんが日々行っている肌のお手入れはどのようなものなのでしょうか?そこで今回は肌荒れ知らずな綾瀬はるかさんの肌のお手入れについて迫ります!

ただこの洗顔法も皮膚の専門家である

皮膚科医の間でも意見が真っ二つに割れています。

ご自身に合う美容法を見つけるのが一番大事ということになります。

石田ゆり子さんにとっては、

このぬるま湯だけで洗顔という美容法が

美肌の秘訣のようですね。

こすらないクレンジング

石田ゆり子さんは女優さんですので、

当然メイクは欠かせません。

そのメイクを落とす際のクレンジングにも

こだわりがあるようです。

クレンジングはクリームタイプをお使いのようです。

クレンジングクリームを適量を手のひらで温めます。

そして温まったら顔に乗せて、

やさしくマッサージするようにしているそうです。

その際に絶対に肌をこすらないようにしているそうです。

クレンジング剤の主成分は界面活性剤で、

だからこそ油分の多いメイクをサッと落とす事ができますが、

そのクレンジング剤で肌をこすりすぎてしまうと、

お肌にとって必要な成分まで流してしまうことになり、

肌荒れの原因になります。

このクレンジングの際に

強くこすりすぎないということが、

石田ゆり子さんの美肌の秘訣といえます。

きちんと保湿する

スキンケアの基本はこすらない、

洗いすぎない、きちんと保湿すること。

(出典:『女優の美容法&健康法』

と石田ゆり子さんが言っています。

見てきましたように、

洗いすぎず、こすらないということを

心がけているようですが、

保湿に関してはどのようなこだわりがあるのでしょうか。

「普段の肌ケアはとてもシンプル。

化粧水は500円玉くらいの量をたたきこむ。

大事な日の前日はパックも。」

(出典:『女優の美容法&健康法』

ということです。

パックに関しては、

シートマスクを常に携帯しているなんていう

発言もされていますね。

化粧水は時間かけて

手のひらで浸透させているようで

コットンは使われていないようですね。

多くの女優さんが

保湿の重要性に関して力説されています。

とても肌がきれいな女優として知られている石原さとみさん。そのきれいな肌はいったいどのような理由があって保たれているのでしょうか?そこで今回は石原さとみさんの肌がきれいな理由をスキンケア、食事、運動面から迫ってみたいと思います。

なるべくケチらずにしっかりたたき込む

のが重要なようです。

年齢を感じさせない石田ゆり子さんの美肌の秘訣は

こういった日々積み重ねる基本的なスキンケアにあるんでしょうね。

気を抜かない紫外線対策

さてお次は紫外線対策ですが

これまた重要ですね。

間違いなく石田ゆり子さんの美肌の秘訣には

この紫外線対策が重要なはずです。

石田ゆり子さんこのような発言をされています。

「仕事柄フルメイクをするので、

休日は肌を休めるためにメイクは軽めにする。

日焼け止めの代わりに

BBやCCクリームをつけて

軽く部分メイクをするので、

すっぴんでいることはほとんどない。」

(出典:『女優の美容法&健康法』

休日はメイクは軽めにするが、

それでもすっぴんということは無く、

紫外線対策を兼ねて薄くメイクされているという石田ゆり子さん。

やはり紫外線を避けるために

すっぴんでいるということはないようですね。

似たような事をしている女優さんですと

綾瀬はるかさんなんかも

かなり徹底された紫外線対策をされていて

外出せずに家の中にいるときでも

日焼け止めを塗っているそうです。

肌の老化の原因の8割は

紫外線によるなんていう恐ろしい話もあります。

それぐらい美肌にとって紫外線対策は重要なのですね。

自分の肌をしっかり観察する

「その日に何を食べれば良いか、

どう生活すれば良いか考えるために、

毎朝鏡で自分の顔の状態を観察したり、

指で皮膚を触ったりする。

毎日観察していると肌の乾燥具合や肌のハリなど、

自分の小さな変化に気づくようになる。

睡眠不足やたんぱく質不足など

その変化の原因を考え、日々調整する。」

(出典:『女優の美容法&健康法』

このように石田ゆり子さんは発言されています。

毎朝鏡にきちんと向き合って自分肌と対話し、

良ければ良いで、悪ければ悪いできちん分析されているようですね。

アスリートが最高のパフォーマンスを引き出すために

体と心の状況に応じて柔軟に調整をするのに似ているのかもしれません。

なんと言っても石田ゆり子さんは

人に見られる仕事をしているわけですから、

肌のコンディションを常に完璧とまでは言わないまでも

それに近いレベルで常に保たねばならないわけです。

ですから、

毎朝の肌観察が欠かせないわけですね。

いつまでも「かわいい」と言われる為に、

こういった日々の調整を怠らないことが、

石田ゆり子の美肌の秘訣といえそうです。

困ったときに相談できる相手がいる

調整といいますと、

石田ゆり子さんはこのような調整もされているようです。

27歳の頃からずっと同じエステに通っている。

そこは外見の美よりも健康が大事という考え方。

身体に不調があれば、すぐに先生に相談する。

(出典:『女優の美容法&健康法』

エステというと、

外側から何らかの処置を施すイメージがありますけど、

石田ゆり子さんが通われているエステはそうではなくて

根本的に健康になって内側から

きれいになることを大事にされているようですね。

スキンケアだけで美肌を作ろうとしても限界があります。

表皮の奥や真皮層にまで

働きかけるようなケアというのは

スキンケアでは不可能です

健康できれいな肌は表面的なケアだけでは

作ることはできません。

身体の内側から肌を育てるケアにも意識を向けて、

生活習慣を整えなければ、

美しい肌にはならないということです。

(出典:『乾燥保湿SOS』

石田ゆり子さんは、

毎朝肌の観察をしていろいろな事を感じ取り

食事の内容など生活習慣を

見直しているという事を先ほど見ましたが、

本当にその通りで、

スキンケアだけでは石田ゆり子さんのような美肌にはなれませんよね。

石田ゆり子さんの美肌の秘訣は、

そもそも「石田ゆり子が健康である」ということになりますね。

まとめ

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

石田ゆり子さん(@yuriyuri1003)がシェアした投稿

さて、

「骨格が良いからかわいい?石田ゆり子の美肌の秘訣は?」

ということで見てきましたがまとめましょう。

なぜ石田ゆり子はかわいいのか?美肌の秘訣は?

■石田ゆり子がかわいいのは骨格の影響もあってタヌキ顔で童顔であることが大きい。

■ぬるま湯だけで洗顔

■こすらないクレンジング

■きちんと保湿

■気を抜かない紫外線対策

■自分の肌をしっかり観察する

■困ったときに相談できる相手がいる

といったところでした。

石田ゆり子さんのことを

美しいと思うことも当然ありますが、

アラフィフであるにもかかわらず、

かわいい!と思えてしまうのは、

骨格によるところ大きいようです。

石田ゆり子さんの美肌の秘訣としては

洗いすぎず、こすらず、しっかり保湿する

といった基本的な毎日のスキンケアを

しっかりされているといったところでしょう。

ぬるま湯だけの洗顔は、

自分の肌に合うならお金もかからないし、

素晴らしい美容法といえますね。

またお金はかかってしまいますが、

肌トラブルで困ったり途方に暮れたときに

相談できる相手がいるというのは、

安心感が生まれて心強いでしょうね。

それにしても石田ゆり子さんの健康でなければ

美肌になれないという考え方はとても本質的ですね。

美肌になりたければ、健康になりなさい。

急がば回れ、ローマは一日にして成らずですね。

最後に石田ゆり子さんの

今後のますますのご活躍とご健康をお祈りいたします。

最後までお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする