樹木希林の昔のエピソード!女優になったきっかけと芸名売却

今回は、大女優の樹木希林さんです。

今年(2018年)9月に

残念ながら亡くなられましたが、

全身にガンを抱えながらも

最後まで女優を貫き、

たくさんの出演作品を残してくれたことは

ファンにとっては幸いというほかありません。

大親友・浅田美代子さんと共演した

遺作『エリカ38』もまだ公開されていませんので、

まだまだ樹木希林さんに出会える機会が

あり楽しみですね。

樹木希林さんが女優であってくれて

良かった、としみじみ思われてる方も

多いのではないでしょうか?

そんな樹木希林さんが若い頃、

女優を志したきっかけは

一体何だったのでしょうか?

今回は昔の樹木希林さんのエピソードを

交えて、女優になったきっかけなどについて

迫ってゆきたいと思います。

スポンサーリンク

樹木希林プロフィール

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#nowplaying #the1975 – #itsnotlivingifitsnotwithyou #樹木希林 さんのいない#お正月 がやってくるんだと思ってたら思わずジーンとしてしまいました。 #お正月を写そう

Steveさん(@rendezvous3939)がシェアした投稿 –

芸名:樹木希林(キキキリン)

本名:内田啓子(ウチダケイコ)

旧芸名:悠木千帆(ユウキチホ)

配偶者:岸田森(1964~68)

    内田裕也(1973~)

職業:女優

生年月日:1943年1月15日

没年月日:2018年9月15日(享年75歳)

出生地:東京都千代田区(現在)

血液型:A型

文学座付属演劇研究所の第一期生。

TBS系ドラマ『時間ですよ』、

同局ドラマ『寺内貫太郎一家』や、

フジカラーのCMなどに出演し、

個性派女優として注目を集める。

映画『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』、

映画『わが母の記』の2作で

『日本アカデミー賞』最優秀主演女優賞、

映画『歩いても 歩いても』で

『第51回 ブルーリボン賞』助演女優賞など、

数多くの映画賞を受賞している。

(出典:『ORICON NEWS』

娘さんが歌手で女優の内田也哉子(ややこ)さん。

その娘婿が俳優の本木雅弘さん。

お孫さんは3人。

1997年生まれの

長男の内田雅樂(うた)さん。

「UTA」名義でモデルデビューしている。

1999年生まれの

長女で女優の内田伽羅(きゃら)さん。

2010年には

次男の内田玄兎(げんと)くんが生まれています。

昔のエピソード① 樹木希林が女優になったきっかけは?

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#kirinkiki #kawaii #樹木希林 チャン❤︎

@ akikounicoがシェアした投稿 –

プロフィールに

文学座付属演劇研究所の第一期生

とあります。

まあ、

ようするに演劇学校に入った

ということになるわけですけれども

これは実は、

樹木さんからすれば予定外のことでした。

というのも、

樹木さんは「千代田女学園」に在学中の際は、

薬剤師を目指し勉強されていたからです。

ところが、

大学受験の直前に、

息抜きで樹木さんの父が北海道に

スキーをしに連れていったのです。

その際、

樹木希林さんは転んで足を骨折してしまいます。

それにより、

樹木さんは試験を受けることができなくなり、

大学進学を断念し

文学座付属演劇研究所に入られたようです。

受験の直前にスベりにいくなんて豪快

というほかないですね。

ただ千代田女学園に通われていた際、

樹木希林さんは演劇部に在籍していたので、

もともと女優の世界にはあこがれも

あったのかもしれませんね。

それにしても、

もし樹木さんが受験前に怪我をしなかったら、

薬剤師としてお仕事されていた

可能性が高いわけです。

怪我をしたことによって、

女優、樹木希林が生まれたわけで、

私たちにとっては幸運だった

というほかないでしょう。

昔のエピソード② 樹木希林が芸名をオークションで売却?

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

昭和恋々さん(@a_cat_named_myy)がシェアした投稿

樹木希林さんは芸名をオークションで

売却したという噂があります。

もちろん樹木希林というのは芸名ですが、

その樹木希林の前に、

悠木千帆(ゆうきちほ)という芸名で

活動されていました。

ところが、

この悠木千帆という芸名を売ってしまいます。

悠木千帆(前の名前)を売ることになった理由は、

1977年4月1日に、

悠木千帆としてオークション番組に出演したが、

売るものがなかったため芸名を競売をかけました。 

(出典:『わしろぐ』

とありますように、

自分の芸名を樹木希林さんは売ってしまったのです。

売るものがないって……。

オークション番組に出たが売るものがなくて

自分の芸名を売ってしまうとは

なんとも大胆ですね!

かくして悠木千帆から

樹木希林になったというわけです。

実は悠木千帆という芸名、

樹木希林さんの「知人」が約40万円で落札されたようです。

落札者のもとには「悠木千帆」の譲渡を

迫る依頼が殺到したが、

頑として譲渡を拒み続けていた。

山田(二代目の悠木千帆のこと、

本名及び旧芸名は山田和葉)は

無償で芸名を譲り受けたとの事で、

「あなたなら、と思った。

そのかわりしっかり頑張りなさい」

と励まされたという。

その後はドラマや舞台など、活躍の場が拡がっている。

(出典:『ウィキペディア』

他の人が受け継いで、

悠木千帆という芸名が、

芸能会の世界でちゃんと生きていることは、

興味深いですね。

こちらが二代目悠木千帆さん。

女優として活躍する、

こちらの二代目の悠木千帆さんは、

2014年に一般男性とご結婚されて、

2016年4月には第一子である男の子をご出産されています。

今後の悠木千帆さんのご活躍を祈りましょう。

まとめ

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Tsumugiさん(@tsumugi_l836)がシェアした投稿

さて、樹木希林さんの昔のエピソードとして、

女優になったきっかけと、

売るものがなくてオークションで

自分の名前を売ってしまったという

2つを見てきました。

それにしても、

女優のなるきっかけが、

骨折だというのですから、

人生は何があるかわからないですね。

最後に、

樹木希林さんのご冥福をお祈りいたします。

最後までお読み頂きありがとうございました。

追記(2019/03/18)

2019年3月17日、内田裕也さんが亡くなられました。

心からご冥福をお祈り申し上げます。

切ないです。

でも、希林さんと同じお墓に入るようなので、

これからも2人仲良くロックンロールに暮らしてゆくことでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする