まぁこが食べて痩せた!?ヨーグルトなどその3つのダイエット法は?

今回はお笑い芸人のまぁこさんです。

まぁこさんといいますと、

テレビ番組の企画で、

いろんなダイエット法を実践し

約48キロの減量に成功したことで有名です。

その後、

リバウンドがあったようですが……。

やはり

ダイエットというのは

難しいですよね。

続けられない方法だと、

リバウンドしてしまいますよね。

そんなまぁこさんが

「炭水化物=糖質」を普通に含む食事を

一日に三食とっているにも関わらず、

楽々とあまりお金もかからず減量してしまった

ダイエット方法があるようです。

そんな都合のいい話が……

と思いますよね。

まぁこさん、

今回のダイエットするに当たって、

いつもよりも少しだけ

早歩きなどを取り入れたといいますが、

極端な激しい運動などせず、

食事の際に

ある3つの食品を食べただけで痩せたようです。

しかもダイエットでもはや常識的にタブーとされている、

炭水化物を毎食毎食まぁこさんは

食べていても結果がでたようです。

3週間で8キロもの減量に成功したというから

驚きです。

さっそく

見てゆきましょう!

スポンサーリンク

まぁこプロフィール

本名:吉田雅子

生年月日:1984年2月3日(34歳)出身地 愛媛

出身校:東京アナウンス学院卒業

血液型:AB型

体重:97㎏→48㎏→72㎏→65㎏

ウエスト :109㎝→62㎝→104㎝→88㎝

身長:162㎝

足のサイズ:24.5㎝

趣味:ポイントカード集め、少女漫画、

   レディコメ集め、食べ放題巡り

特技:有名人なりきり写メ、

   ダイエットアドバイス

ジャンル:お笑いタレント

所属:浅井企画

体重の移り変わりが

ハンパないですね!

現在の体重の65㎏は、

まぁこさん自身にとっては、

無理のない理想の体重とのこと。

周りからは、

48㎏時代のことを話題にされて、

もったいない!

などといわれるようです。

けれども、

小学2年生の頃から肥満児だという

まぁこさんにとっては、

「様々な体型・体重を経験して思うのは、、、

ダイエットも大変だけど、、、

持続するのが、、、

1番大変!!」

というのが正直なところのようで、

持続するには、、、

一生、あの食事制限・運動を続けないとダメ

ということには耐えられないようで、

普通の生活をしたいw 

という自分の気持ちを

今は大事にされているようです。

ところで、

太っていることの辛さを

まぁこさんは、

日常のいろんな場面で感じていたようです。

たとえば、

合コンでも盛り上げ役で、連絡先交換役。

自分に自信がなく3枚目キャラになってしまう。

好きなのに言えない。

オープンカフェでオープンな所しか

空いてなかったら

「私なんかが座ったらいけない」と、

別のお店に行く。

これは、

「お店の価値が下がるとか、

店の前を通る人に

笑われるんじゃないかと思うから」

だそうです。

私自身も、

小さな頃から肥満児で、

大学生の頃までは明らかに太っていたので、

その気持ちはよくわかります。

自分ごときの

何のとりえもないただの太った野郎が、

誰かを好きになったり

告白する資格なんかありはしない、

と本気で考え込んでいました。

そういった経験から

自分の体型が、

自分の性格や行動に大きく影響を与えていることを、

私も痛感していました。

まぁこさんも

そのような辛い体験があったからこそ、

そのくやしさを力に変えて

約48㎏もの減量に成功されたのかもしれません。

便秘症と肥満

まぁこさんのダイエットのことを

調べていると、

まぁこさんがかなり辛い便秘症に

悩まれていることがわかりました。

特に慢性の便秘症は

50歳以下の若年層においては女性の方が多い

傾向があることが有名です。

便秘には様々な原因があり、

便秘といったらこれだ!

というような対策は

ないようですが、

やはり

日々の食事や運動が重要だといわれています。

食事や運動ということになりますと、

当然ダイエットとも大きく関係してきます。

特に食物繊維の不足による

腸内環境の悪化は大きな原因となるようです。

私自身、

食生活においては

食物繊維を少しでも多く食品から

とろうと心がけていますが、

そのおかげか、

少なくとも便秘で悩んだことはありません。

腸内環境の良化につながる

食物繊維の力はハンパないのでオススメです。

便秘には様々な要因がからみ合い、

解消するのは簡単なことではないようですが、

便秘さえ解消されれば、

痩せやすくなると主張する医者もいるくらいですから、

ダイエットを制するには、

便秘の解消が欠かせないようです。

まぁこさんの場合は深刻な便秘症に

苦しんでいるようですが、

どのようにこの便秘に立ち向かったのでしょうか?

実は、

今回のまぁこさんのダイエットを成功に導いた、

3つの食品のうちの2つは、

便秘解消に密接につながっているといえます。

それでは、

具体的にどんな食品なのか

見ていきましょう!

まぁこのダイエット食品① ホットヨーグルト

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

マミーズさん(@mayumi.b1966)がシェアした投稿

なにそれ?

と思われた方もいるかもしれませんが、

ホットヨーグルトとは、

その名のとおり、

あたかかいヨーグルトです。

作り方はとっても簡単!

プレーンヨーグルトを120gほどを耐熱容器に移し、

電子レンジで30秒ほど加熱すれば完成。

注意点がひとつあります。

あたためすぎると、

乳酸菌のちからが弱まってしまいます。

ですから

あたためる際は人肌くらいの温度が目安になります。

また、

乳酸菌は胃酸に弱いため

空腹時ではなく食後(夕食後が理想)

に食べる方が良いようです。

甘みが欲しい方は、

てんさいから作られたオリゴ糖シロップや

バナナなどオリゴ糖が含まれるものを使用すると、

ヨーグルトのなかの乳酸菌のエサになり、

そのはたらきが活性化するようです。

では、

なぜあたためるといいのでしょうか。

これは冷蔵されていた状態のヨーグルトよりも、

人肌ほどの温かさの温度の方が

乳酸菌が活発に働くためだといいます。

また、

あたたかい状態で内臓の中に入るため、

内蔵機能が活性化されて、

体を温める効果も期待できます。

これによって、

消化機能の改善や便秘解消にも役立ち、

ダイエットにつながると考えられています。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は

腸内環境を良好にする働きがあることで

知られています。

消化機能向上や便秘解消だけでなく、

免疫力のアップや肌荒れ解消効果も期待でき

美肌につながります。

一般的に、

肌がきれいで自然なツヤがある人は、

腸内環境が良好といわれています。

このように

「腸内環境を整える=腸活」は、

メリットいっぱい、

コスパも良いので、

ホットヨーグルトを試されては

いかがでしょうか。

ただし、

日本人は乳製品が苦手な人も多いです。

自分の体に合わないな、

という方は

けっして無理をなさらないでください。

食べるたびに下痢をするなら

自分は乳製品のアレルギーだなとか

自分の体に合わないなとかわかりますが、

あまりはっきりした症状がでなかったため、

自分がアレルギーだと気づかなかった

という人もいるようです。

実際に私の友人でも

そういう人がいました。

学校や会社を休むほどではないが

なんとなく体調が悪いといったような

感じですね。

病院で調べてみて

乳製品が体調不良の原因だったということが

判明することもあるようです。

ホットヨーグルトは、

健康のために取り入れる、

良い習慣のはず。

逆に体を痛めつけるようなことがあっては

切ないので、

ご注意下さい。

気になる方は病院で調べられたら

いかがでしょうか。

まぁこのダイエット食品② 赤身肉

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ぶーさん(@buuuuuukt)がシェアした投稿

肉や炭水化物を抜きにして

野菜だけ食べる方が、

なんだか痩せる気がしませんか?

確かに野菜には多くの栄養が含まれていますが、

三大栄養素の一つであるたんぱく質を

野菜だけで(肉などなしで)

必要量とることは難しいといえます。

健康な体の維持のためには、

肉や魚といった動物性食品も必要になってくるわけです。

そもそも

三大栄養素(炭水化物、脂質、たんぱく質)は、

「三大」というだけあって、

どれが欠けても

健康に悪影響が生じます。

特にたんぱく質は、

筋肉、

皮膚、

骨や歯

髪の毛、

血液、

臓器といった体にとって欠かせない基礎をつくるために

絶対的に必要な栄養素です。

たんぱく質が不足すると、

筋肉や免疫力の低下、

髪や肌にトラブル、

集中力や思考力の低下などが起きてしまいます。

特に筋肉量の低下は、

基礎代謝量の低下につながることになり、

太りやすい体質になってしまいます。

これがお肉などを太ると思って食べず、

野菜だけを食べることによって生じてしまう

弊害(へいがい)のひとつです。

要するに、

総摂取カロリーは低いのに、

太りやすい体質になってしまうということです。

では、

お肉なら何でも良いのかというと

そうではないようです。

たとえば、

同じ牛肉でも、

ももとバラでは栄養が全く異なります。

牛もも肉(赤身肉)100gだと、

140㎉/たんぱく質23g/脂質4.6g

ですが、

牛バラ肉(カルビ)100gだと

371㎉/たんぱく質14g/脂質33g

となる。

カロリーや脂質が過剰になりがちな食事内容が多ければ、

当然、

赤身肉の方が、

ダイエットに適しているといえます。

現代の食事は、

特に外食などが多いかたは、

カロリーや脂質が過剰の傾向が

強いといえるようです。

また、

赤身肉には「Lーカルニチン」という

脂肪の燃焼をサポートする成分

豊富に含まれていています。

このL-カルニチンの含有量は、

赤身が多ければ多いほど、

含有量は多いといえます。

つまり脂質が多い、

いわゆるカルビなどは、

もも肉に比べて

Lーカルニチンの量は少ないといえます。

だからこそ、

ダイエットには、

赤身肉が良いということになるわけです。

L-カルニチンの含有量としては

多い順に、

羊肉→牛肉→豚肉→鶏肉

となっています。

要するに、

色が赤くて、

脂身が少ないものが

ダイエットには最適ということに

なります。

理想としては、

1日に200~300gほど

取るのが効果的なようです。

まぁこのダイエット食品③ 生大根

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

パルティール新宿東口店さん(@partir_shinjuku_east)がシェアした投稿

これは私はびっくりしましたが、

加熱していない生の大根には

かなり強力なダイエット効果が

期待できるようです。

まぁこさんだけでなく、

ファッショモデルや女優さんで

取り入れている人が多いとか。

それにしても

比較的安価に簡単に手に入るものですし、

特にほかに食べるものを

制限するわけでもないので、

魅力的なダイエット法といえるでしょう。

なんと言っても

生の大根を食べるだけなので。

といっても少し注意点がありますが、

その前になぜ、

生大根がいいのか簡単に見ておきましょう。

生大根にはアミラーゼという消化酵素がたっぷりと

含まれています。

現代人は食べ過ぎで、

(食べ過ぎなのに健康のために

必要な栄養素が足りてないという

よろしくない現象が起きているようです)

消化のために酵素を多く使いすぎて、

代謝(痩せる)の為に必要な酵素が足りていないといいます。

この足りない代謝のための酵素を生大根で補う

というわけです。

また、

アミラーゼは炭水化物の消化の促進能力が高く、

炭水化物の取り過ぎによる血糖値の上昇を

防いでくれています。

そうすると、

インスリンというホルモンの分泌が抑えられます。

インスリンは脂肪の合成を進める作用があるため、

出すぎると太りやすくなります。

生大根を食べることによって、

インスリンの過剰分泌を

抑えることができるというわけです。

また生大根に含まれる辛み成分である

イソチオシアネートは、

血液さらさら、

抗炎症、

抗酸化、

基礎代謝アップ

などの効果が望め、

ダイエットだけでなくアンチエイジング効果、

つまり美容にも良いことがわかっています。

イソチオシアネートは、

加熱に弱いので、

やはり生で食べるのがいいようです。

また水溶性食物繊維も含まれていますので、

便秘解消にもつながります。

さて

このようにすぐれた生大根ですが、

食べ方に注意点があります。

①一日に300g(幅でいうと約6cm)毎日食べる。

②食前また食間に食べる。

③そのままよりも大根おろしにした方が効果アップ。

④皮にダイエット効果が望める成分が入っているから

 皮ごとすりおろす。

⑤すりおろしたらすぐに食べる(時間の経過で栄養が逃げる)

少し解説しましょう。

①に関しては、

1日に1回で食べてもいいし、

食事ごとに分けてとってもいいようです。

②は消化促進効果を高めるため。

③はすりおろした方が、

イソチオシアネートが多く発生するためです。

かなり魅力的に思える生大根ダイエットですが、

注意点があります。

食べ過ぎたからといって、

薬とは違って副作用など

問題があるわけではありませんが、

大根はそれだけ食べていれば

生きてゆけるというような、

無敵の食べ物というわけではありません。

大根ばかり食べて、

ほかの栄養素がおろそかにならないように、

ご注意下さい。

まとめ

それでは

まぁこさんの3週間で約8㎏痩せたという

ダイエット方法についてまとめてゆきます。

まず、

まぁこさんは

食事制限は特にされていないようで、

炭水化物も普通に白米などを

3食全てにおいて食べていたようです。

ただやはり、

炭水化物の過剰摂取はダイエット効果を

損ないますので注意が必要です。

またダイエット中の運動ですが、

そんなに大げさではないようですが、

早歩きなどは取り入れていたといいますので、

一切運動なしということではないようです。

運動は取り入れた方が、

ダイエット効果が高いのは

言うまでもないですよね。

具体的なダイエットの方法としては、

ホットヨーグルト

赤身肉

生大根

の3つを毎日の食事に

取り入れるということでした。

簡単におさらいしますと、

ホットヨーグルトは、

プレーンタイプのものを

電子レンジで人肌に温めたものを

食後に食べる。

赤身肉は、

羊か牛の脂身が少なく

赤身の部分が多い肉を食べる。

量的には、

一日に200~300gくらいが理想。

生大根は、

加熱は避け、

皮ごとすりおろして食前または食間に。

すりおろしたらすぐに食べる。

すりおろしての保存はよくない。

一日に300g(約6cm幅)を目安に毎日とる。

以上になります。

まぁこさんも言ってますが、

極端な無理はせず、

健康的にダイエットするのが一番ですよね。

今後のまぁこさんの健康とご活躍を

願いましょう!

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする